高速バス運行会社の交代相次ぐ その切実な背景 利便性はどう変わる?

乗りものニュース / 2019年9月16日 11時0分

大都市と地方を結ぶ長距離の夜行バス路線を中心に事業者の交代が相次ぐなか、運行本数の多い昼行路線でも事業者が撤退、しかも競合の事業者へ交代する事例が出てきました。利用環境が大きく変わりますが、便利になる側面もあります。4陣営競合の「長野線」、西武が撤退長らく「新宿発着」と「池袋発着」で競合していた東京~長野市間の高速バスが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング