東海道・山陽新幹線「500系」どんな車両? 長い鼻と円筒形の車体で世界最速300km/hに

乗りものニュース / 2019年9月16日 6時0分

鼻(ノーズ)の長い先頭が特徴的な500系電車。東京~博多間を直通する「のぞみ」で使われ、山陽新幹線では300km/hを出す世界最速の列車でした。いまは山陽新幹線の「こだま」で使われていますが、車内の設備はユニークに変わりました。戦闘機のようなデザインが話題に500系電車は1997(平成9)年にデビューした、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング