写真

成田空港を離陸するJALのボーイング737-800型機(2019年5月、伊藤真悟撮影)。

日本の航空会社でもよく目にするボーイング737シリーズは、尾翼や前脚も特徴的ですが、離陸後の機体を見ると主脚のドアがなく「むき出し」なのもポイント。同機の誕生背景を考えると、このほうが望ましく、効率的だったりします。離陸したボーイング737を見上げると…JAL(日本航空)やANA(全日空)をはじめ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング