引退まもない「最強電気機関車」EF200形、レアな「大物車」シキ800形と展示 京都鉄博

乗りものニュース / 2019年10月16日 15時53分

この組み合わせは燃える!!引退から約半年のJR貨物EF200形電気機関車が、なかなか見られない「大物車」と呼ばれる特殊な貨車「シキ800形」とあわせて、京都鉄道博物館で特別展示されます。 EF200形電気機関車は、国鉄・JRの機関車では最も大きい6000kWという出力を持ちながら、線路の電力設備の関係でフルパワーでの走行が難しく、東海道・山陽本線で出力を制限しながら使用されたものの、1990(平成2)年の試作機登場から30年を前に2019年3月、引退しました。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング