写真

JALのボーイング767型機と、ANAのボーイング777型機。両方ともエンジン2基の「双発機」(2016年3月、恵 知仁撮影)。

最近の飛行機は、エンジン2基の「双発機」が多数で、3基以上はわずか。その背景には経済性だけでなく、実はかつて双発機の太平洋横断は不可能だったこと、それが「ETOPS」というルールで変わったことがあります。日本の旅客機ではいま、ほとんどない3発以上の飛行機かつて飛行機(旅客機)は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング