管制官とパイロットは「YES」「NO」を使わない その「ユニーク」な英語とは

乗りものニュース / 2019年11月16日 11時0分

パイロットと航空管制官との航空無線は、原則「英語」ですが、その英語は学校で習ったものとは違う、かつ辞書通りでもない、少々ユニークなものです。数字やアルファベットもそのまま発音されません。数字やアルファベットも「そのまま」ではない飛行機を操縦するパイロットと、地上から飛行機の動きをコントロールする航空管制官との航空無線は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング