昭和の鉄道旅を支えた「列車用冷水器と紙コップ」の秘密 新幹線や寝台特急などに搭載

乗りものニュース / 2020年3月29日 10時10分

新幹線や寝台特急など、かつてデッキ周辺に冷水器を設置していた列車がありました。ボタンを押すと冷たい飲料水が出るというシンプルな機械でしたが、そこには列車ならではの工夫が。いまはペットボトル飲料などの普及で、ほとんど見られません。新幹線在来線客車3種類が開発された列車用冷水器2020年現在、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング