写真

(C)Michell

篠原涼子が主演するドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系)の第4話が8日、放送された。 本作は、一匹おおかみの最強派遣社員・大前春子(篠原)の働き方を通して、新たな時代の働く者の品格を問う。 第4話では、コネ入社を自称していた新入社員の一人・井手裕太郎(杉野遥亮)が、S&F社の最重要取引先の創業者である女性社長の三男という事実が判明。さらに突然の停電で、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング