写真

ウェザーニュース

冬は浴室と部屋の温度の差が大きく、油断をすると湯冷めをします。風呂上がりは体温が高いので寒さを感じませんが、湯船で温められた血管が拡張しているため、急速に体温が奪われます。そして体温が下がりすぎて「寒い」と感じるのが湯冷めです。こうなると風邪やインフルエンザを引きやすくなります。湯冷めを防ぎ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング