写真

ウェザーニュース

空気が乾燥していて風が強いときは「火災警報」が発令されることがあります。火が出やすく、しかも延焼するおそれがあるからです。この火災警報が出されたときに、やってはいけないことは?乾燥や強風時に火災警報を発令火災警報が出される基準は市町村によって異なりますが、実効湿度(木材の乾燥度合)60〜65%以下、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング