写真

ウェザーニュース

牡蠣は縄文時代から食べられ、室町時代にはすでに養殖も始まっていたという、日本人にとってはとても身近な貝です。でも、こんなに親しみのある海の幸なのに、見た目だけでは牡蠣の良しあしはわからないという人も多いのではないでしょうか。そこで美味しい牡蠣の見分け方のコツを船橋地方卸売市場の株式会社「山末」部長の内海貴久さんに聞きました。味を決めるのはまず鮮度「牡蠣をはじめとして、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング