写真

ウェザーニュース

台風19号による記録的大雨の影響で、東北から関東甲信にかけての広い範囲で河川氾濫が相次ぎ、大規模な浸水などが各地で多発しました。住宅地にも大量の水が流れ込んでいるため、付近の住宅や農地が水に浸かる被害が出ています。過去の例から、災害発生から1週間程度で感染症が増え始めるとされ、水害や土砂災害に多い細菌感染や避難所での衛生管理に気をつける必要があります。衛生環境の悪化、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング