写真

写真:Getty Images

アジアサッカー連盟(AFC)は22日、UAEで開催されているAFCアジアカップ2019グループステージで警告や退場を受けた各選手の処分を発表した。 日本代表FW南野拓実は13日に行われたグループF第2節のオマーン代表戦(1-0で日本代表が勝利)で警告を受けた。これにより、AFCから5000USドル(約55万円)の罰金処分が下っている。 今回の罰金最高額は北朝鮮代表の計1万3000USドル(約143万円)。2名の退場者や、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング