写真

12月7日~9日にかけて開催されたフィギュアスケート・GPファイナルで、16歳の紀平梨花選手が初優勝を飾った。シニアデビュー初年度、GPシリーズ初出場での優勝は、2005年の浅田真央以来13年ぶりの快挙である。紀平の夢は、2022年の北京五輪で金メダルを取ることだといい、それも不可能ではないとメディアは大いに沸いている。今に始まったことではないが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング