写真

公正取引委員会がジャニーズ事務所に対して「独占禁止法違反につながる恐れがある」として“注意”をした問題。しかし、ジャニーズ事務所からのSMAPメンバーに対する理不尽な待遇は、彼らが独立してから始まったことではなく、2016年のSMAP解散騒動からすでに明らかだった。公正取引委員会は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング