写真

80代の「お隣さん」がくれた手紙。私が入院って悪くないと思う理由

中学1年生の時に腎臓病になり、36歳で末期腎不全になってしまった、ライターのもろずみはるかさん。選択肢は人工透析か移植手術という中で、健康な腎臓を「あげるよ」と名乗り出たのは彼女の夫でした。 今回は、入院中に出会った人たちとのエピソードをつづっていただきました。 入院が嫌いじゃない 中学1年生の時に「IgA腎症」という糸球体腎炎になった私は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング