写真

イ・ミョンスク弁護士がキム・ギドク映画監督(56)に対する検察の略式起訴および不起訴処分を認められないとする立場を明かした。

イ・ミョンスク弁護士がキム・ギドク映画監督(56)に対する検察の略式起訴および不起訴処分を認められないとする立場を明かした。イ・ミョンスク弁護士は14日午前、ソウル市内で記者会見をおこない「強制わいせつ容疑だ。500万ウォン(約50万円)の求刑で終わる事件では絶対にない」と主張した。これを前に7日、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング