「仮眠は労働時間」イオン関連会社警備員に残業代支払い命令

ZUU online / 2017年5月19日 17時30分

イオングループの警備会社の男性(52)に、宿直の仮眠時間中の残業代の支払いを会社に命じる判決が出た。千葉地裁の小浜浩康裁判長が、原告の仮眠が「労働からの解放が保証されているとは言えない」として、請求をほぼ認めて未払い残業代と付加金の約180万円を支払うよう同社に命じた。男性は残業代約100万円に、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング