人手不足はどこまで深刻なのか

ZUU online / 2017年9月25日 12時50分

■要旨1.失業率が約22年ぶりの2%台まで低下するなど雇用関連指標は大幅な改善が続いており、企業の人手不足感もバブル期並みの高さとなっている。こうした中、人手不足が経済成長の制約要因になるとの見方が増えている。2.足もとの人手不足は労働需要の強さが主因であり労働供給力は低下していない。10年前(2007年)の雇用政策研究会の報告書では、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング