写真

(写真=PIXTA)

「日本は米国に次ぐGDP(国内総生産)を誇る世界第2位の経済大国」といわれてきたが、それも今や昔で、気がつけば背後から急ピッチで追いかけてきた中国に追い越されている。世界第2位の経済大国はすでに中国の代名詞と化しているわけだ。1980年ごろから経済開放政策を推進し、積極的に外資系企業やその生産拠点の進出を受け入れ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング