写真

(写真= Orhan Cam/Shutterstock.com)

日本の国税当局は、海外への資産フライトに対する課税を強化したり、最近でも経営者保険を販売見直しに追い込んだりと、富裕層の節税スキームに対して厳しい姿勢をとっているように見えます。 では、アメリカはどうなのでしょうか。今回の記事では、富裕層に甘いアメリカの税制と政府・議会に圧力をかけるロビイスト団体のパワーを紹介します。 ■アメリカではロビイストが政策を決める ニューヨークのマンハッタン島南端を通るウォール街はニューヨーク証券取引所(NYSE)・FRB(連邦準備銀行)・投資銀行が軒を連ねています。(現在では投資銀行の多くが本社機能をニュージャージー・ミッドタウン等に移転させていますが)。 ロンド… [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング