写真

(画像=PHOTOCREO Michal Bednarek/Shutterstock.com)

投資に損失はつきものです。事業としての性格を持つ不動産投資もそれは同様で計画どおりの収支にならず、頭を抱える人も少なからずいることでしょう。「思い切って売却して楽になりたい」と考えるのは自然です。しかし赤字を出し続ける「お荷物物件」は簡単には売れません。このような状況を打破するためにあるのが任意売却です。 ■なぜ不動産投資では「損切り」が難しいのか 株式投資には「見切り千両」という格言があります。「上がる見込みのない株は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング