写真

(写真=Song_about_summer/Shutterstock.com)

ビルオーナーがかかえる悩みの一つで「誰にビルを引き継がせるか」という問題があります。生前に経営や管理などについて承継ができれば問題ありません。しかし、何も対策しないまま相続が発生してしまうと、遺された家族にさまざまな問題が生じる可能性があります。今回は、後継者が決まらないうちにビルの相続が発生した場合のデメリットなどについて解説します。 ■このような場合は要注意 ・ビルなどの所有している不動産の数よりも相続人の数が多い ・ほかの財産よりも不動産の評価額が極端に高い ・収益性の高いビルと低いビルを所有している 上記のような場合には、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング