写真

日本の伝統産業、高いお金を払っても西欧人が見に訪れる理由とは(画像=natu/Shutterstock.com)

(本記事は、甲斐かおりの著書『ほどよい量をつくる(しごとのわ)』インプレス2019年9月25日刊の中から一部を抜粋・編集しています) ■量産ですり減った技術 文化や技術に適正な値段をつけることも、ほどよい量のものづくりを維持していく上では大事な要素だろう。 日本には、古くからさまざまな手仕事の文化があった。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング