写真

Getty Images

週明け6日の日経平均株価は前週末比756円11銭高の1万8576円30銭で引けた。市場関係者によると、海外の一部で新型肺炎コロナウイルス感染者数の拡大ペースが鈍化し始めており、米国株先物が上昇していることに加え、安倍晋三政権が緊急事態宣言を出す意向を固めたとの報道を受けて対応進展期待が支えになったという。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング