経済・ビジネス 

文字サイズ: A A A
  • 楽天ソーシャルニュースに投稿する
  • フェイスブックでシェアする
  • mixiでシェアする
  • この記事をはてなブックマークに追加する

セルコホーム調べ 子どもの成長と住宅選びに関する調査  子育てのために外せない“住環境”の条件 6割強のママが「安全な通学路」を重視 - @Press(2013年12月12日14時00分)

子育てのために外せない“住環境”の条件 6割強のママが「安全な通学路」を重視
カナダの高性能住宅を直輸入し全国で販売しているセルコホーム株式会社( http://selcohome.jp/ )(本社:宮城県仙台市)は、2013年11月21日~11月26日の6日間、高校生以下の子どもがいる25歳~44歳の男女を対象に「子どもの成長と住宅選びに関する調査」をモバイルリサーチ(携帯電話によるインターネットリサーチ)により実施し、2,000名の有効サンプルを集計しました。(調査協力会社:ネットエイジア株式会社)


◆40代前半で「持ち家」が過半数に
◆住みたい住宅 一戸建て派が8割半
◆“子育ては集合住宅より一戸建てが適していると思う”9割

高校生以下の子どもがいる25歳~44歳の男女2,000名に対し、現在居住している住宅の所有状況を聞いたところ、「持ち家」の割合は4割(39.6%)、「賃貸」は4割半(45.4%)、「実家住まい」は1割半(15.1%)となりました。持ち家の割合は20代後半の2割強(23.6%)から年を追うほど高くなり、40代前半では過半数(52.8%)となりました。

また、現在居住している住宅の形態について聞いたところ、「一戸建て」(51.2%)と「集合住宅」(48.8%)がおよそ半々となりました。
居住都市圏別にみると、一都三県に居住する方は「集合住宅」(58.0%)の割合が高く、地方(都市圏以外)に居住する方は「一戸建て」(59.6%)の割合が高くなっています。

続いて、住宅の形態について、どのような意識を持っているか質問を行いました。自身が住みたいと思うのは一戸建てと集合住宅のどちらか聞いたところ、『一戸建て』(断然+どちらかといえば、以下同様)が8割半(86.2%)となりました。現在集合住宅に住んでいる方も『一戸建て』に7割半(75.6%)が住みたいとの希望を持っています。
また、子育てに適しているのはどちらだと思うか聞いたところ、『一戸建て』が9割(90.2%)となりました。子育て世代にあたる回答者の大半が“一戸建てに住みたい”との希望を抱いています。
また、ランニングコスト(維持・修繕費・光熱費)が有利なのはどちらだと思うか聞いたところ、『一戸建て』(51.5%)と『集合住宅』(48.7%)がおよそ半々となりました。
現在、一戸建てに住んでいる方は『一戸建て』(61.9%)を、集合住宅に住んでいる方は『集合住宅』(59.6%)を有利だと思う割合が高くなっています。

前へ 1 2 3 4 次へ

この記事に関連するニュース

経済・ビジネスランキング

  • 注目ニュースが届く 公式アカウント
  • Infoseek ニュース 公式Facebook
  • Infoseek ニュース 公式twitter