“打てる捕手”に続いて“打てる三塁手”不足問題が浮上

ベースボールキング / 2017年2月17日 11時0分

◆ 松田を脅かす若き三塁手が育っていない

 かつての“打てる捕手”たちが一線を退き、捕手難が叫ばれて久しい日本球界。だが、人材不足が懸念されるのは捕手だけではないようだ。それは、3月に開催されるWBCの出場メンバーを見ればはっきりと分かる。

 前回の2013年大会から連続で選ばれたメンバーは、牧田和久(西武)、松田宣浩(ソフトバンク)、坂本勇人(巨人)、中田翔(日本ハム)、内川聖一(ソフトバンク)の5人。小久保裕紀監督がこれまで何度も「若手を中心にする」と繰り返してきたとおり、23人が入れ替わっており、世代交代の速さを感じさせるものだ。

 その“連続選出メンバー”のなかで気になるのが33歳の松田だ。35歳の青木宣親(米アストロズ)、34歳の内川と年上の選手がふたりいるものの、6人の内野手のなかでは28歳の坂本を5歳上回る最年長。小久保監督がどのような選手起用をするかは現時点で不明だが、青木や内川のポジションである外野の場合、秋山翔吾(西武)、筒香嘉智(DeNA)、鈴木誠也(広島)ら、近年の活躍が際立つ20代の選手が中心メンバーとなるだろう。

 ただ、内野の場合はそうはいかない。松田以外の内野手である坂本、中田、田中広輔(広島)、菊池涼介(広島)、山田哲人(ヤクルト)は、昨季、三塁での起用は一度もない。途中交代はあっても、松田の三塁起用が基本線だろう。前回大会から4年を経て、松田を脅かす生きのいい三塁手が育っていないということの表れだ。

◆ “打てる三塁手”の育成を望む

 ここで、昨季、各球団において三塁のスタメンを最も多く務めた選手の成績を振り返ってみる。

・各球団で三塁のスタメンを最も多く務めた選手の成績
※()は三塁でのスタメン出場数

【日本ハム】
レアード(140試合)
成績:143試 率.263 本39 点97

【ソフトバンク】
松田宣浩(143試合)
成績:143試 率.259 本27 点85

【ロッテ】
中村奨吾(50試合)
成績:108試 率.201 本6 点25

【西武】
中村剛也(47試合)
成績:108試 率.238 本21 点61

【楽天】
今江敏晃(82試合)
成績:89試 率.281 本3 点23

【オリックス】
中島宏之(39試合)
成績:96試 率.290 本8 点47
小谷野栄一(39試合)
成績:50試 率.249 本4 点13

【広島】
安部友裕(58試合)
成績:115試 率.282 本6 点33

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ベースボールキング

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング