経済・ビジネス 

文字サイズ: A A A
  • 楽天ソーシャルニュースに投稿する
  • フェイスブックでシェアする
  • mixiでシェアする
  • この記事をはてなブックマークに追加する

【スバル レガシィ新車情報】なんと300馬力! 燃費も向上した待望の2Lターボのスポーツモデルが登場!!【ニュース・トピックス:スバル】- CORISM(2012年5月9日07時07分)

スバル レガシィ

スバルらしいハイパワー直噴ターボエンジンを搭載し、スバル=スポーツの価値向上を狙う!

 スバルは、レガシィシリーズをマイナーチェンジし発売を開始した。レガシィのマイナーチェンジで注目されるのは、2L水平対向4気筒DOHC直噴ターボエンジンを搭載したグレード「2.0GT DIT」。まさに、圧倒的な走りを象徴するファン待望ともいえるグレードだ。

 搭載されるエンジンは、FA20型。さらに、エンジンのボア×ストロークが86mm×86mmという数値からも分かる通り、トヨタと共同開発で生まれたトヨタ86やスバルBRZに搭載されるエンジンをターボ化したことが分かる。今回のレガシィにターボ化されたエンジンが搭載されたということは、86やBRZもターボ化が可能か? という推測できる。

 この新エンジンは、非常にパワフル。低回転での応答性に優れたツインスクロールターボを搭載し、221kW(300PS)/5600rpmのパワーと2000rpmで400N・m(40.8kg-m)という4L車並の大トルクを発揮。同じ2Lのターボエンジンを積むBMWは328iは、180kw(245ps)/5000rpm、350N・m/1250-4800rpmとなっている。最近のヨーロッパ車のトレンドは、低回転トルク重視でエンジンを回さずに高いギヤを使い低燃費化させている。つまり、燃費重視だ。それに対して、レガシィのFA20型は多少エンジンを回すタイプで、燃費だけでなくエンジンを回して走る楽しさも追求した仕上げになっている。

 そのため、JC08モード燃費は328iが15.2km/Lに対して、レガシィB4は12.4km/Lという数値にも表れている。それでも、レガシィは従来の2.5Lターボエンジンと比較すると、燃費性能を約20%向上している。走りを楽しみたいというのであれば、注目のエンジンになる。

 走りを楽しむために、新エンジンの大トルクに対応したCVTに改良。従来型リニアトロニックをベースにトルクコンバーターやチェーンなど各部品を高トルクな直噴ターボエンジンに対応する仕様へと変更された。

 さらに、AWDシステムもリニアトロニックとして初めてVTD-AWD(バリアブルトルクディストリビューションAWD:不等&可変トルク配分電子制御AWD)を組み合わせることで、スポーティ走行に最適なトルク配分を制御し、高いトラクション性能と車両安定性を実現している。

 クルマの走行パターンをコントロールする「SI-DRIVE」も「2.0GT DIT」専用として、「スポーツ♯(S♯)」モード時に8段ステップ変速を設定。CVTの持つ滑らかな変速と合わせ、AT、MT車のようなダイレクト感を味わえるモードを選択できるようになった。

 さすがに、これほどのパフォーマンスをもつと、価格も高価な設定になっている。2.0GT DITの価格は、B4が3,433,500円。ツーリングワゴンが3,591,000円。オプションのHDDナビゲーションシステムなどのオプションを選択すると、400万円コースになる。また、安全装備のEyeSight(ver.2)が装備できないのも残念である。

アイサイトも進化し、アイドリングストップ機能付きモデル登場し、燃費向上

前へ 1 2 次へ

この記事に関連するニュース

経済・ビジネスランキング

  • Infoseek ニュースをTwitterやFacebook、スマートフォンアプリで読もう
  • マンガで時事ネタに強くなる!舞台はとある「桜だもん高校」。教師と生徒の学園コントを通して、今おさえておきたいニュースへの理解を深めることができます
  • Infoseek ニュース 公式Facebook
  • Infoseek ニュース 公式twitter
  • Infoesek ニュース 公式iPhoneアプリ
  • Infoeek ニュースメールマガジン
  • Infoeek ニュース総合トピックスのRSS