芸能 

文字サイズ: A A A
  • 楽天ソーシャルニュースに投稿する
  • フェイスブックでシェアする
  • mixiでシェアする
  • この記事をはてなブックマークに追加する

お茶目な性格をしているマイケル・フェルプス (c)Hollywood News

マイケル・フェルプス、金銀6個のメダルと共にクラブ遊び- ハリウッドニュース(2012年8月7日14時10分)

アメリカの競泳選手であるマイケル・フェルプスが、ロンドンオリンピックで彼が獲得した金4個銀2個のメダルと共に、ナイトクラブで遊んでいたことが明らかになった。

マイケルは現地時間8月5日に英・ロンドンにあるナイトクラブに現れた。彼は今年のオリンピックで彼が獲得した「男子100mバタフライ」の金メダルなど合計6個のメダルを掲げて、クラブにいた人々との記念撮影に笑いながら応じていた。その後彼は、無事にメダルと共に外で待っていた車に乗り込み、帰路についたという。

27歳であるマイケルは、オリンピック4大会に出場し、史上最多の金18個を含む計22個のメダルを獲得している。「水の怪物」というニックネームを持つ彼は今年のロンドンオリンピック限りの引退を表明しており、現役最後のレースとなった「男子400mメドレーリレー」で金を獲得し、有終の美を飾ったのであった。

2000年に15歳でシドニーオリンピックに出場した彼は、これまでストイックな競泳人生を送ってきたにちがいない。時にこうしてハメを外すことを許してあげてもいいだろう。新たな人生を進んで行く彼にエールを送りたい。【村井 ユーヤ】


この記事に関連するニュース

芸能ランキング

SNS公式アカウント厳選ニュースがタイムラインで届く