NMB48山本彩加、テレビ初歌唱でいきなりセンター みるきーセンター曲で「後継者」の呼び声高まる

モデルプレス / 2016年11月17日 20時30分

NMB48山本彩加、テレビ初歌唱でセンター抜擢/今年6月の5期生お披露目イベント(C)NMB48

【山本彩加/モデルプレス=11月17日】NMB48が17日、読売テレビ・日本テレビ系「ベストヒット歌謡祭2016」に出演し、メンバーの山本彩加(やまもと・あやか)が、8月にグループを卒業した“みるきー”こと渡辺美優紀のセンター曲「僕はいない」でセンターを務めた。

テレビ初歌唱にていきなりセンターを務め上げた山本。歌唱後は「すごい緊張しました」と語り、同番組への出演を「夢のようで嬉しいです!」と喜んでいた。

初センターながらも、堂々としたパフォーマンスにネット上では「めっちゃ可愛かった」「初のテレビとは思えない堂々っぷり」「センターもハマってて良かった」「NMB48に凄い子が現れた」などの絶賛の声があがっている。

◆山本彩加、みるきーの後継者となるか

山本は、今年6月にNMB48の5期生としてお披露目され、10月にわずか5ヶ月で正規メンバーへスピード昇格を果たし、16thシングル(12月28日発売)への選抜も発表されたグループ期待の新星。

また、今年7月に行われた渡辺美優紀卒業コンサートにて、須藤凛々花らとともに“みるきー選抜”に選ばれ注目を浴び、10月に行われたNMB48結成6周年コンサートでは、みるきーのソロ曲「やさしくするよりキスをして」を披露するなど、ポスト“みるきー”と期待の声があがっていた。

そしてこの日、みるきーが単独センターを務めた「僕はいない」をセンター歌唱。曲はじめ、ひとりでステージに立ち、堂々とソロパートを歌い上げる姿に「みるきーと重なる」の声も。ファンの間でも「みるきーの後継者ってこと?」「2代目みるきーが誕生か」などと推す声も上がっているが、一方で「あーやん(山本彩加)はあーやん」「みるきーに後継者はいない」などの声も見受けられる。(modelpress編集部)

モデルプレス(modelpress)

トピックスRSS

ランキング