グラビアで注目片山萌美が初写真集「水着より手ブラの方が安心」

dwango.jp news / 2016年9月19日 18時12分

新グラビアクイーンと呼ばれ、グラビアファンのみならず多方面でも注目されている片山萌美が、ファースト写真集『人魚』(集英社)を発売した。

「写真集が発売されることに驚いています。写真集って売れている人が出すイメージがありまして、私はまだ早いかなと思いましたけど、こうやって声を掛けてくれて嬉しいと同時に驚きました」と喜びを語った。

石垣島で撮影された今作は、自身が好きな人魚をイメージしている。小さい頃に人魚になりたかったようで、撮影の場所がたまたま人魚伝説がある場所だったこともあって、このタイトルに決めたという。「人魚っぽいシルエットのカットがお気に入りです。体のラインがすごくキレイで、全体の雰囲気がわかって私がどんな表情をしているかわからないというのが好きなんですよ」と紹介した。

moemi4

ファースト写真集であるが、大胆なカットが多いことについて聞かれると「キレイだねって言われることが多いですね。個人的には水着より手ブラの方が安心感があるんですよ。水着ってズレることあるじゃないですか。でも手は絶対にズレないので、自分としてはそんなに攻めている感じは無いです」と微笑んだ。また「私のイメージってしっとりしている感じがあるみたいなんですけど、笑っているカットとか自然な感じもあり、意外な一面も見れるので、片山萌美はこういう人間だとわかるような写真集になっています」とアピールした。

現在は女優、グラビアとして活躍しているが、今後の目標を問われると「現実的に女優として食べていきたいです。ドラマとか映画に出演させてもらって、今後は悪役をやってみたいです。」と答え、目標とする女優は「もう亡くなってしまいましたけど太地喜和子さんです。生でお会いしたことは無いですけど、すごく魅力的で、あんな演技ができるようになりたいです」と語った。

dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング