芸能 

文字サイズ: A A A
  • 楽天ソーシャルニュースに投稿する
  • フェイスブックでシェアする
  • mixiでシェアする
  • この記事をはてなブックマークに追加する

Ads

美輪明宏紅白初出場は韓流排除も影響 きゃりーと衣装対決案も- NEWSポストセブン(2012年12月28日07時00分)

 美輪明宏(77才)が2012年『第63回紅白歌合戦』に出場すると決まってから、何かと注目を集めている。

 美輪が歌う『ヨイトマケの唄』は、美輪がまだ「丸山明宏」として駆け出しの歌手だった1965年に発売されたもの。端正な顔立ちで、戦後の復興期を貧しくも懸命に生きる人たちの姿を切々と歌い、40万枚を売り上げる大ヒットとなった。

 しかしその直後、歌詞中に差別用語があると指摘され、一時要注意歌謡曲に指定されたこともあった。

「当時NHKは、美輪さんにその年の紅白出場のオファーを出していました。でも持ち時間が3分程度だったので、『ヨイトマケの唄』を歌うとなると短縮バージョンで披露するしかなかったため、その時は美輪さんのほうから断ったんです」(テレビ局関係者)

 それから47年。今になってなぜ、美輪は紅白に選ばれたのか? それには、NHK側のこんな苦しい事情があったという。

「今年(2012年)は、昨年(2011年)出場した東方神起やKARAといった韓流もいないし、レディー・ガガ(26才)や吉田拓郎さん(66才)や竹内まりやさん(57才)といった国内外の大物歌手も出場させることができませんでした。

 しかも、小林幸子さん(59才)がいなくなったことで派手さもない。そこで美輪さんを起用し、きゃりーぱみゅぱみゅ(19才)と衣装対決をさせようという話があがっているそうです」(前出・テレビ局関係者)

※女性セブン2013年1月10・17日号



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

芸能ランキング

  • 注目ニュースが届く 公式アカウント
  • Infoseek ニュース 公式Facebook
  • Infoseek ニュース 公式twitter