経済・ビジネス 

文字サイズ: A A A
  • 楽天ソーシャルニュースに投稿する
  • フェイスブックでシェアする
  • mixiでシェアする
  • この記事をはてなブックマークに追加する

大麦・雑穀市場トップメーカー“はくばく”、もち麦の売上前年比3.4倍! ~新トレンド 大麦を鍋のシメに使うお店も続々登場!~- PR TIMES(2013年12月12日16時57分)

グラノーラに続く 今話題のヘルシー穀物“もち麦



大麦が健康食材として注目され始めた今年、大麦・雑穀市場トップシェアを誇る株式会社はくばく(本社:山梨県南巨摩郡富士川町最勝寺1351 社長:長澤重俊)は、大麦製品である『もち麦ごはん』が、売上前年比3.4倍を記録しました。

大麦は丈夫で育てやすい植物だったため、昔から庶民の間では、白米の代わりになる日本人の主食として食べられてきました。当時は、「大麦はパサパサしていておいしくない」というイメージが持たれていましたが、近年ではおいしくて食べやすい品種や商品が出てきたことで、雑穀や玄米に続く健康食材として、積極的に取り入れられるようになりました。
こうしたトレンドの中、 はくばくでは、大麦の中でも特に健康効果が高い品種“もち性”の大麦を使用した商品『もち麦ごはん』を2012年3月に発売。もち麦は、白米の25倍、玄米の4倍の食物繊維を含む優れた食材です。世の中の健康ブームと、“もち麦”という目新しさがあいまって、国内のモデルや女性タレントの間で“手軽に摂取できるおいしい健康食材”として愛用され、女性誌や健康雑誌を中心に一気に注目を集めています。
最近では、新しいタイプの穀物“キヌア”にスポットがあたったり、オーツ麦が元になった商品“グラノ-ラ”の専門店が登場するなど、ますます雑穀ブームが巻き起こる中、次なる注目食材として“もち麦”が広がりを見せています。

2013年12月4日、「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録されました。栄養バランスが良い健康的で伝統ある食文化「和食」は、今後これまで以上に注目されると思われます。これを機に、かつては白米に代わる主食として食卓に欠かせなかった大麦の健康価値を改めて見直してみてはいかがでしょうか。


《ライフスタイルに合わせて選べる!続々と広がる“大麦”商品》

【もち麦ごはん】
お米にウルチ米とモチ米があるように「もち麦」はモチ性の大麦。
ウルチ性の大麦に比べ、もちもちプチプチした食感と香り高い味わいが特徴です。
健康をとくに意識する方におすすめです。炊き方は、洗ったお米に混ぜるだけ!

●内容量:720g(60g×12袋)
●価格:430円(税別)

【大麦ポタージュ コーン】
粉末タイプの大麦ポタージュにスイートコーンをプラスコーンの甘みと大麦のやさしい味わいが、朝にピッタリです。

●内容量:31.8g(2袋) 
●価格:240円

前へ 1 2 次へ

経済・ビジネスランキング

  • 注目ニュースが届く 公式アカウント
  • Infoseek ニュース 公式Facebook
  • Infoseek ニュース 公式twitter