トランプ初会見は“防戦一方” メディア総攻撃に苦しい弁明

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年1月12日 15時1分

米国のトランプ次期大統領の当選後初の会見。冒頭から「ロシアに弱みを握られている」という報道への弁明で始まり、記者との質疑応答もこのロシア問題に終始。ツイッターでの強気の暴言はどこへやらで、メディアの総攻撃にトランプは防戦一方だった。 会見は予定の現地時間11日午前11時(日本時間12日午前1時)より13分遅れで始まった。米CNNと米ニュースサイト「バズフィード」が報道したロシアとの関係について、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング