写真

17日、この10年間で米国人の中国に対する嫌悪感が急上昇したことが、米ピュー研究所の調査で明らかになった。

2017年2月17日、米ラジオ局ボイス・オブ・アメリカ中国語版によると、この10年間で米国人の中国に対する嫌悪感が急上昇したことが米ピュー研究所の調査で明らかになった。 同研究所の調査によると、2016年に「中国に対して好感を抱いていない」と答えた米国人の割合が55%に達し、2006年に比べて26ポイント増加した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング