【三菱電機元社員を労災認定】大手企業の摘発相次ぐ 政府の「働き方改革」背景

産経ニュース / 2017年1月11日 20時40分

厚生労働省による大手企業の違法な残業事件の摘発が相次いでいる。長時間労働の是正は政府の「働き方改革」の柱でもあり、立件が「国策」との指摘もある中、厚労省は手を緩めることなく、改革の機運を高めたい考えだ。併せて立件の迅速化も進んでおり、三菱電機に対しては昨年11月末に労災認定が出た後、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング