【釜山・慰安婦像設置】民団トップが撤去求める 「私たち在日同胞の切実な思い」

産経ニュース / 2017年1月12日 15時49分

在日本大韓民国民団(民団)は12日昼、都内のホテルで新年会を開き、呉公太(オ・ゴンテ)団長が韓国・釜山の総領事館前に設置された慰安婦像について「撤去すべきだというのが、私たち在日同胞の共通した切実な思いだ」と述べた。その上で「(韓国)国民の冷静かつ賢明な判断と、日本政府の冷静な対処を望む」とし、一昨年12月の慰安婦問題に関する日韓合意を堅持すべきだとの考えを示した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング