【ソウル=桜井紀雄】韓国の朴槿恵大統領と友人の崔順実被告の疑惑を捜査する「特別検察官」(特検)は、逮捕状再請求という背水の陣で臨み、サムスングループ経営トップの逮捕という難所を越えた。朴氏の罷免の可否を審理する憲法裁判所の決定後の“容疑者”朴大統領の強制捜査も視野に入れているもようだ。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング