地震

写真

 想定されるゆっくり滑りの領域と向き

大震災9年前からゆっくり滑り 震源西で異常地殻変動

 - 共同通信(2015年1月7日01時00分) 写真

 2002年ごろから東日本大震災の直前まで約9年間、プレート(岩板)が揺れを起こさないような遅いスピードで動く「ゆっくり滑り」が原因とみられる異常な地殻変動が、震源西側の東北地方で記録されていたことを、東京大地震研究所のチームが突き止め、7日付の英科学誌ネイチャーコミュニケーションズに発表した。  ゆっくり滑りは周囲のひずみの強さを変化させることが知られる。全文を読む>>

地震に関連するニュース

社会・政治ランキング

SNS公式アカウント厳選ニュースがタイムラインで届く