台湾紙「聯合新聞網」の9日付報道によると、ある観光客がスイスのチューリヒにあるランゼンベルグ・ワイルドライフ・パーク(Langenberg Wildlife Park)の園内食堂で食事をしていた時、園内の動物の肉を調理して観光客に提供していることを発見した。食堂で提供されている肉料理のほとんどが、園内の鹿やイノシシなどの肉で作られていることを知って、衝撃のあまりメディアに知らせることに決めたとい… [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング