【俺とデスクの座談会】コロナ禍で…「現役ドラフト」はどうなった?

夕刊フジ / 2020年3月26日 17時25分

 デスク「コロナ問題のせいですっかり忘れてたけど、プロ野球の現役ドラフトの話はどうなったんだ?」

 記者「各球団の反応もデスクと一緒です。コロナ禍で延期になった開幕をどうするかで手一杯。今年中の導入を要望してきた、選手会にも理解してもらっているようです」

 デスク「まあ、本家のメジャー版に比べると、日本の現役ドラフトの案は穴だらけだったし、もう少し煮詰めてもいいかもな」

 記者「指名対象になる支配下選手を各球団8人ずつ名簿に載せて、夏場にドラフトをやるって話でしたよね」

 デスク「そのころにはもう誰がクビかも大方決まってるし、下から8人なんてロクな選手がいないだろうな」

 記者「話が棚上げになったんで表に出てませんが、さらに年俸1億ウン千万円以上の選手は名簿に載せられないって案があったとか」

 デスク「へえ。確かに飼い殺しの若手の救済制度だから、給料のいい選手を対象外にするのは分かるけどな」

 記者「でも高給取りをたくさん抱える球団はきついですよ」

 デスク「選択肢が狭まるわけか。そりゃ、ソフトバンクや巨人は反対するだろうな」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング