【有本香の以毒制毒】トランプ氏が「ウイグル問題」を対中最強カードに 貿易戦争と「合わせ技」

夕刊フジ / 2018年8月10日 17時1分

写真

クルーズ米議員(左)と、「世界ウイグル会議」のドルクン総裁(夕刊フジ)

 ちょうど1カ月ほど前、本コラムでウイグル人の苦難をお伝えした。私の良き友人であり、ドイツ・ミュンヘンに本拠地を置く、亡命ウイグル人組織「世界ウイグル会議」の総裁を務めるドルクン・エイサ氏のご母堂逝去の件である。

 ドルクン氏が1994年に国を出て亡命した後、一度も会うことなく、77歳で再教育施設に収容された母の死。ドルクン氏の悲しみは深かったが、それから1カ月たたないうち、彼の姿は米国ワシントンにあった。

 「共産主義の犠牲者追悼財団」という米国の団体がドルクン氏を招いたのだ。ワシントン滞在中の間、彼は各所での演説や米国務省、連邦議会議員ら多くの人々との面会を精力的にこなしていた。

 たまさか、ワシントン滞在中のドルクン氏とメッセージのやり取りをすると、1枚の写真が送られてきた。「誰か分かる?」というキャプション付きだったので即答した。ドルクン氏と並んで写っていたのは、テッド・クルーズ上院議員であった。

 クルーズ氏といえば、2016年の大統領選に一度は出馬表明した共和党の大物議員だ。福音主義の牧師だった父の影響で敬虔(けいけん)なクリスチャンとしても知られる。その翌日、日本のNHKが、早朝枠ではあったが、ある珍しいニュースを伝えた。映像では、マイク・ペンス副大統領が次のような演説をしていた。

 「北京(中国当局)は数十万、あるいは数百万とみられるウイグル人ムスリムを、再教育施設に収容し、政治教育を強いている。宗教的な信条が脅かされている」

 演説が「信教の自由」をテーマとした会合でのものだったが、ペンス氏も、クルーズ氏と同様にキリスト教色の強い保守的な政治家である。そのペンス氏らが、中国政府が「テロ対策」を口実にウイグル人を弾圧し、大半がイスラム教徒である彼、彼女らの信仰を抑圧していることを激しく批判したのだ。

 ブッシュ政権時代、「テロとの戦い」をうたってアフガニスタンやイラクに攻撃を開始した際、米国は、中国に戦線を邪魔させないための取引として、北京の言いなりにウイグル人活動家を「テロリスト」と認定した。その象徴的な1人がドルクン氏であり、そのため、彼は15年まで米国入国を許されなかった。

 今回の打って変わった米政界のドルクン氏厚遇。その裏にあるのは、やはり北京との取引だ。かつて北京との宥和のために使ったウイグル問題を、今回は「貿易戦争」との合わせ技で北京を締め上げる最強カードとして切っている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
fuji

トピックスRSS

ランキング