韓国大統領、G7招待受け入れ意向 トランプ氏と電話会談

ロイター / 2020年6月1日 23時26分

韓国の文在寅大統領は1日、トランプ米大統領と電話会談し、主要7カ国首脳会議(G7サミット)への招待を受け入れる意向を表明した。韓国大統領府(青瓦台)が明らかにした。ソウルで昨年6月撮影(2020年 ロイター/KEVIN LAMARQUE)

[ソウル 1日 ロイター] - 韓国の文在寅大統領は1日、トランプ米大統領と電話会談し、主要7カ国首脳会議(G7サミット)への招待を受け入れる意向を表明した。韓国大統領府(青瓦台)が明らかにした。

トランプ大統領は週末に6月末の開催を目指していたG7サミットを9月以降に延期する方針を明らかにし、オーストラリア、ロシア、韓国、インドを招待する考えを示した。

青瓦台によると、トランプ大統領はG7の体制は古く、現在の国際情勢を反映していないと主張した。

文大統領はG7サミットへの参加国拡大を歓迎するとし、「適時であればG7サミットは首尾良く開催され、世界や経済が正常な状況に戻りつつあることを示すシグナルになるだろう」と伝えた。

*内容を追加しました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング