1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

ユーロ圏の物価上昇は一時的=ギリシャ中銀総裁

ロイター / 2021年9月1日 22時50分

欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのストゥルナラス・ギリシャ中央銀行総裁は1日、ユーロ圏の物価上昇は一時的なものである公算が大きいとの見方を示した。写真はストゥルナラス氏。2019年4月撮影(2021年 ロイター/Costas Baltas)

[フランクフルト 1日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのストゥルナラス・ギリシャ中央銀行総裁は1日、ユーロ圏の物価上昇は一時的なものである公算が大きいとの見方を示した。

欧州連合(EU)統計局が前日に発表した8月のユーロ圏消費者物価指数(CPI)速報値は前年比3.0%上昇と、10年ぶりの大幅な伸びとなった。

ストゥルナラス総裁はブルームバーグに対し、こうした数字を深読みすることに警戒感を示した上で、「コアインフレ率の決定要因である単位労働コストは、総合インフレ率ほどのボラティリティーは見られていない」と述べた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング