1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. 国際総合

米、18歳未満の入国時隔離撤回 ワクチン未接種の外国人

ロイター / 2021年11月1日 14時58分

 10月30日、米疾病対策センター(CDC)は、米国に空路で入国する18歳未満の新型コロナウイルスワクチン未接種の外国人渡航者について、入国時の7日間の隔離義務を撤回すると発表した。写真はカリフォルニア州 ロサンゼルスの空港で昨年11月撮影(2021年 ロイター/Lucy Nicholson)

[ワシントン 30日 ロイター] - 米疾病対策センター(CDC)は30日、米国に空路で入国する18歳未満の新型コロナウイルスワクチン未接種の外国人渡航者について、入国時の7日間の隔離義務を撤回すると発表した。CDCのワレンスキー所長が変更に署名した。

隔離義務は25日に発表され、外国人渡航者の間で動揺が起きていた。また航空会社などからも、入国時に子どもに隔離を義務付けると海外からの観光に悪影響が出るとして変更を強く求める声が出ていた。

この例外措置は医療治験に参加中のワクチン未接種外国人渡航者にも適用されるという。またCDCは今週、ワクチン接種率が10%未満の約50カ国からの観光目的以外の渡航者も例外措置の対象となるが、入国時には7日間の自主隔離が必要なほか、例外が適用された場合も入国後60日以内の接種が求められると発表していた。

接種を認めるワクチンは米当局と世界保健機関(WHO)が承認したもので、交差接種も認めるという。

米国は11月8日から一部の渡航規制を解除する一方、空路で入国する外国人の成人ほぼ全員にワクチン接種を義務付ける。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください