1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

アイルランド、法人税率変更でも引き続き最適な投資先=米財務長官

ロイター / 2021年11月1日 23時44分

イエレン米財務長官は1日、アイルランドが国際法人税改革の一環で12.5%という世界的に低い法人税率を撤廃しても、同国が引き続き多国籍企業の最適な投資先にとどまるという認識を示した。9月撮影(2021年 ロイターAl Drago/Pool via REUTERS)

[ダブリン 1日 ロイター] - イエレン米財務長官は1日、アイルランドが国際法人税改革の一環で12.5%という世界的に低い法人税率を撤廃しても、同国が引き続き多国籍企業の最適な投資先にとどまるという認識を示した。

20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)は10月30日、大企業の課税逃れを阻止するため、法人税の最低税率を15%とする新たな国際課税ルールを承認した。

イエレン長官は、米アップルやアルファベット傘下のグーグルなどがアイルランドで労働力の約8%を現地で直接雇用していることに言及し、アイルランドは「堅固なビジネス環境によって新たな競争で勝利している」と指摘。「世界でビジネスを行う最適な場所の一つであるという地位が揺らぐことはない」とし、低い法人税率のみがアイルランドでビジネスを続ける理由ではないと強調した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください