1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. 国際総合

EUとウクライナ、加盟交渉前に戦略的提携を=ハンガリー首相

ロイター / 2023年12月1日 18時11分

12月1日、 ハンガリーのオルバン首相(写真)は、欧州連合(EU)に対しウクライナの加盟交渉を開始する前に、まず戦略的パートナシップ協定を締結すべきだとの認識を示した。ブリュッセルで10月撮影(2023年 ロイター/Yves Herman)

[ブダペスト 1日 ロイター] - ハンガリーのオルバン首相は1日、欧州連合(EU)に対しウクライナの加盟交渉を開始する前に、まず戦略的パートナシップ協定を締結すべきだとの認識を示した。

EU欧州委員会は、最終的な条件が満たされ次第、ウクライナのEU加盟交渉を開始するよう勧告している。EU首脳は勧告を受け入れるか今月中旬に決定するが、決定にはEU加盟27カ国の全会一致の賛成が必要で、ハンガリーが障害になる可能性がある。

オルバン首相は現在の形では欧州委の勧告を支持できないと繰り返し表明している。

同首相は1日、国営ラジオとのインタビューで、ウクライナの加盟交渉を開始する前にいくつかの問題をクリアする必要があると主張。ウクライナの加盟がEUにどのような影響を及ぼすか分からないため、まずウクライナと戦略的パートナーシップ協定を結ぶべきだと述べた。

「(戦略的パートナーシップ協定は)最大5─10年続く可能性がある。この間に収れんさせよう。今は違いが大きすぎる。われわれと共に作業をする時間を与え、共に作業できることが分かれば、加盟の問題を取り上げよう」と述べた。

同首相はウクライナの停戦が必要だと主張。EUがウクライナへの資金拠出拡大を望むのであれば、EU予算の枠外で政府間合意に基づいた個別の基金を設立すべきだと主張している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください