1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

ユーロ圏製造業PMI、11月改定44.2に上昇 人員削減は6カ月連続

ロイター / 2023年12月1日 18時34分

12月1日、S&Pグローバルがまとめた11月のユーロ圏のHCOB製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値は44.2で前月の43.1から上昇した。独ドゥイスブルクのスチール工場で2012年12月撮影(2023年 ロイター/Ina Fassbender)

[ロンドン 1日 ロイター] - S&Pグローバルがまとめた11月のユーロ圏のHCOB製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値は44.2で前月の43.1から上昇した。ただ、景況拡大・悪化の分かれ目となる50割れは続き、人員削減は6カ月連続に及んだ。

速報値の43.8から上方改定された。

生産指数は43.1から44.6に上昇した。

ハンブルク商業銀行のチーフエコノミスト、サイラス・デラルビア氏は「ほとんど全てのサブ指数は小幅に上向いたが、上昇トレンドを宣言するのに必要なダイナミズムを欠いている」と語った。

需要、輸出、受注残を示すサブ指数はいずれも上昇したが、依然として50割れとなっている。

新規受注指数は39.0から41.5に上昇し、6カ月ぶりの高水準となったものの、全体的な需要は19カ月連続で減少した。

雇用指数は2020年8月以来の低水準に落ち込んだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください