英EU交渉、進展見られず 3日の首席交渉官協議を取りやめ

ロイター / 2020年7月3日 0時49分

英国と欧州連合(EU)は、英EU離脱後の関係を巡り今週も協議を行ったが進展が見られなかったとして、3日に予定していた首席交渉官同士の協議を取りやめた。当局者が2日明らかにした。昨年11月撮影(2020年 ロイター/Dado Ruvic)

[ブリュッセル 2日 ロイター] - 英国と欧州連合(EU)は、英EU離脱後の関係を巡り今週も協議を行ったが進展が見られなかったとして、3日に予定していた首席交渉官同士の協議を取りやめた。当局者が2日明らかにした。

今回は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)以降初めてブリュッセルで対面協議が行われた。

英交渉責任者のフロスト氏は声明で、交渉が包括的で有益だったとしたものの、「いくつかの重要な問題で双方の間に残っている大きな意見の開きが浮き彫りになった」と指摘した。

EUのバルニエ首席交渉官も「4日間の議論を経ても深刻な相違がある」とし、EU側は合意が可能だと引き続き考えているが、経済パートナーシップに関する主要な要求は変わっていないと述べた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング