ロシアで米への医療物資支援に批判噴出、「自国で不足」

ロイター / 2020年4月3日 10時43分

新型コロナウイルス感染拡大を受けてロシアが米国に医療支援物資を輸送したことに対し、ロシア自体がこれら物資の深刻な不足に直面しているとの批判の声が上がっている。写真はニューヨークのJFK空港に着陸するロシア軍用機。4月1日撮影(2020年 ロイター/Stefan Jeremiah)

[モスクワ 2日 ロイター] - 新型コロナウイルス感染拡大を受けてロシアが米国に医療支援物資を輸送したことに対し、ロシア自体がこれら物資の深刻な不足に直面しているとの批判の声が上がっている。

マスクや人工呼吸器を積んだロシアの軍用機は、1日にニューヨークに到着。ロシア外務省は、費用は米ロが半分ずつ負担したと説明した。

プーチン大統領に反対する勢力は、この支援は売名行為であり、ロシアの複数の地域で不足している貴重な医療物資を浪費したと糾弾した。

著名な反体制派指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏はツイッターに、「ロシア全土で医師や看護師がマスクを付けられず院内で感染が広がっているときに、米国にマスクや医療機器を売却した。これは途方もなく恐ろしいことだ。プーチンは頭がおかしい」と投稿した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング